防災グッズ必要な物リスト10選!いざという時に命を守る物!

防災

防災士が監修した防災セット

あなたのご自宅では、既に防災グッズを準備していますか?

 

現在、日本では地震や台風、河川の氾濫、土砂崩れ、また北朝鮮のミサイル問題など多くの危機と隣り合わせで生活しています。

 

そんな中、ご自身や家族を守るのが事前の災害対策です。

 

この記事では、備えとなる防災グッズの必要な物リストをご紹介します。

防災グッズ必要な物リスト

1.非常食
非常食

レトルトやインスタント、または缶詰など火を通さなくても食べられる物。
乳児のいる家庭では、粉ミルク。


2.飲料水
飲料水
飲料水は、体重や年齢により差はありますが、1人1日に最低でも約1リットル必要と言われています。

この1リットルは、生命を維持するのに最低限必要な飲み水の量です。

そのため、ご自宅には必ずペットボトルなど多めの飲料水を用意しておいてください。
目安は、1人分1日3リットルの準備です。

 

ぴよコロ

ぴよコロ

食料・飲料水は、3日分は備蓄が必要です。
大規模災害時には1週間分の備蓄が望ましいとされています。

 

 

3.停電時の点火器具・ラジオ
懐中電灯
懐中電灯
マッチろうそくなど明かりになるものが必要です。
場合によっては、ランプペンライトなど。
また情報を収集するためにもラジオがあると便利です。

 

 

4.衣類
防寒着
特に寒い時期は多めに準備しておいた方がいいでしょう。
重ね着の出来る防寒着が必要です。
服以外にも、軍手雨具毛布予備の下着なども準備しておいてください。

 

 

5.医療品
包帯
常備薬
包帯ガーゼばんそうこうマスク
また消毒液ハサミピンセット三角巾なども必要です。
持病のある方は、お薬手帳なども用意しておきましょう。
女性の場合は、生理用品も必須です。

 

 

6.非難用品
避難
ナイフ
笛(ブザー)ロープヘルメット防災ずきん

 

ぴよコロ

ぴよコロ

避難する時は、極力単独行動は避けてください。
水害などでも脱げやすい長靴ではなく、履きなれた紐の運動靴での避難が理想です。

 

 

7.避難所への持ち込み
避難所
毛布
布団寝袋ティッシュウェットティッシュビニール袋タオル、食器、ラップ、スプーン

 

水が不足している時、食器にラップを敷いて、お皿を汚さないようにすれば節水出来ます。

 

 

8.貴重品
貴重品

財布クレジットカード現金預金手帳印鑑保険証


金融機関やATMの復旧が遅れている場合があります。
お金は家族の構成にもよりますが、1人3万円程度は用意しておきたいところです。
またお店では、お釣りなどを準備出来ない場合もあるので、1万円札は持たず、硬貨も必ず用意してください。

ぴよコロ

ぴよコロ

自動販売機などでも硬貨は必要です。

 

 

9.日用品

日用品
新聞紙粘着テープ油性マジックカイロビニール袋ポリ袋ビニールシート(雨を防いだり、寝袋替わり)、段ボールトイレットペーパーティッシュハンカチ濡れティッシュウォータータンク

 

10.その他
その他
ライター安全ピンガスボンベ卓上コンロ調理用具燃料洗面用具簡易トイレリュックなどの入れ物

 

ぴよコロ

ぴよコロ

アウトドアグッズも使えるように用意しておくと災害の時役立ちます。

 

防災グッズのセットを活用する

専門家が監修した災害対策のグッズなども販売されているので、そちらもご紹介します。

防災グッズ

食糧、飲料水、発電や照明、ラジオ、充電器、小物類、災害時のマニュアルなど「3日間生き抜くための防災セット」です。

 

専門家が厳選した防災グッズ39点が1式入っています。

 

照明、発電機、充電器、ラジオなど必要なものを全てそろえると荷物も多くなってしまいます。

 

こちらセットに含まれる「ダイナモLEDラジオライト」は、名前の通り照明や発電機、充電器、ラジオなどがセットになった機器です。

 

また災害時マニュアルや防寒セットなども入っているので、それを考えると1セットでも、各家庭にあれば安心ですよね。

 

お値段は13,800円です。

購入の際は、入荷分がとても品薄になっているので、お早めにご検討ください。

 

セットの内容は、公式サイトをご覧ください。

 

まとめ

災害時には、ご自分や家族を守るのは、事前の災害対策です。
また防災について、普段から家族としっかり話し合うことも重要です。


いつ何が起こるかわらかない今だからこそ、出来ることをしっかり準備をしておくことが肝心です。

安心して生活していくためにも、備えはしっかりしておきましょう。


LIFE-UPPERホーム


© 2018 ライフアッパー.com