ウォーキングを続けるちょっとしたコツとは?

ウォーキング

今回は、ウォーキングを、続けるコツをご紹介したいとおもいます。

ウォーキングは、続けることで

ストレス解消、美容効果、安眠効果、便秘の改善、心肺機能の向上、集中力や記憶力のアップ、ダイエット効果、高血圧の改善、糖尿病の改善、血行の改善、腰痛の改善
など、紹介できないほど、様々な効果が期待出来ます。


ぜひ、続けるコツをマスターして、充実したウォーキングライフを楽しんでください。

コツ1 細分化する

細分化
「ウォーキングを始めるぞ」って決めてもなかなか腰が上がらないことってありますよね。

「今日は寒いな(暑いな)…」とか「着替えるのが面倒だな」とか

そんな事を頭で考えてるうちに時間だけが過ぎてしまいます


人って、エンジンと一緒で、最初はなかなかスムーズにスタート出来ないんです。でも、逆に最初さえ乗り越えてしまえば、意外とスムーズにできちゃったりします。

 

ウォーキングを始めようと思った時に、私たちの頭の中では、これからすることを意識してか、無意識にか、考えてしまいます。

 

つまりこれからする苦労を逆算して考えてしまっているんですね。

 

私は、朝のウォーキングの前にまず

1、洗顔、歯磨き、寝ぐせ直し
2、水を一杯飲む
3、スマホやタオルを準備
4、着替え

それから出発です。

 

これを考えると「面倒だな~」って思ってしまうんです。

 

だから、この全体で考えずに、最初の1個だけ始めてしまいます。

洗顔や歯磨き、寝ぐせ直し、だけです。
それだけに、集中します。

ほかの事は、1回忘れます。

それだけなら凄く簡単ですし、重い腰も上がりそうですよね。


そして、1つ目が終わったら次です。

次も、水を一杯飲む以外は、考えません。


これも出来そうですよね。


このようにこれからする行動を細分化して、まず最初の一歩を動き始める

出来たら、次へ。

これで、準備のスタートが始まりました。

なかなか行動に移せないかたは、試してみてください。

コツ2 無理をしない

無理をしない
ダイエットなど、目的があるかたで、最初から無理しちゃう人がいます。


ウォーキングの効果は、継続することで得られるものです。

そのため、1度に気合を入れて頑張るより、無理なく続ける事が大切です。

特に運動不足が続いていたかたなどは、最初は筋肉痛になったり、疲れが溜まりやすくなっています。

まずは、苦痛に感じない程度歩いて、徐々に体力アップしてから、長い時間歩けるようにしましょう。

コツ3 ついでに歩く

ついでに歩く
色々と工夫をして、ウォーキングを続けていても、どうしても面倒になっちゃう事があります。

その場合は、何かのついでにウォーキングするのがオススメです。

私の場合は、買い物を行くのを目的にして、ついでに歩いたりしています。

本が欲しいから、ついでにちょっと歩いてみよう。

そんな感覚です。


他にも仕事や学校の帰りに、帰るついでに歩いてみようとか、あくまで目的は別の事にして、そのついでに歩いてしまう方法です。

ドコドコの公園で、お茶を一杯飲むために歩いていく!

なんていうのも、いいかもしれませんね。

コツ4 ウォーキングの記録をつける

記録
今は、歩いた距離を記録してくれるスマホのアプリや、便利なウォーキンググッズがたくさんあります。

ぜひ、そういったアプリやグッズを使ってウォーキングの記録を残してください。

そういうのが苦手な方は、カレンダーに丸でもOKです。


記録を残すことで、満足感自信に繋がります。

続けるには、モチベーションが大切ですが、このモチベーションのアップにも繋がります

小学生の時の、ラジオ体操のスタンプ理論ですね。



LIFE-UPPERホーム


© 2018 ライフアッパー.com